今日から実践できる!メンズの肌荒れ対策4選!

スキンケアをしている男性

・マスクの使用で肌荒れが目立ち始めた…
・暑くなったせいか肌のべたつき、脂っぽさが気になる
・肌荒れ対策をしたいけど、情報が多すぎて何をしたらいいの…?

わか

間違ったスキンケアは数年後のシミやたるみの原因となり、老化を促進させます!



この記事では、仕事が忙しくマメにスキンケアをできないという男性向けに、今日からできる肌荒れ対策の基本を解説します。

自分は毎日コンビニ食だから栄養とか言われてもな…なんていう方も諦めなくて大丈夫です!
誰でもできる簡単な肌荒れ対策を教えます。

目次

栄養バランスの良い食事

poached egg with vegetables and tomatoes on blue plate

忙しいとついコンビニで食事を済ませてしまう…という方向けに、今回はコンビニでも栄養の取れる食事を紹介します。

コンビニを利用するときにお勧めの食材は、

・ヨーグルト
・大豆製品(豆腐、納豆)
・アーモンドミルク
・野菜ジュース

わか

どこのコンビニにも売っているものばかりですね。

カップラーメンやパスタ、コーヒーやデザート等は糖質、脂質、刺激物が多く入っています。

過度な取りすぎは皮脂の分泌を招き、肌荒れの原因となります。
とはいえ好きなものを全く食べないという生活はかえってストレスになりますよね。

上記でおすすめした食材をいつものメニューにプラスしたり、一品を変えることで栄養の偏りを防いでくれます。

1.ヨーグルト

ヨーグルトには善玉菌が豊富です。
肌荒れがなかなか治らない、吹き出物が止まらない…といった方は腸内に原因がある事が多いです。
腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やす必要があります。

また、ビタミンA,ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンCが不足されがちですが、ヨーグルトにはビタミンC以外全て含まれています!

2.大豆製品(豆腐、納豆)

大豆に含まれるイソフラボンには、新陳代謝を促進し、肌の調子を整える効果があります。

また、肌に良いだけでなく、薄毛や髪のパサつきを改善する効果もあります。

美容の為、日常に大豆を積極的に取り入れると良いと専門家からも言われています。
コンビニで買える主な大豆製品には以下のようなものがあります

・豆腐、納豆
・枝豆
・豆乳
・厚揚げ

3.アーモンドミルク

アーモンドミルクには食物繊維が豊富です。
食物繊維は腸の働きを助けるといわれていますので、肌荒れ対策には欠かせません。

また、抗酸化作用のあるビタミンEが含まれています。
抗酸化作用により、シミやしわの予防効果が期待できると言われてます。

4.野菜ジュース

バランスの整った食事には野菜は必須!
忙しい毎日でも手軽に野菜を摂れるのが野菜ジュースです。

アーモンドミルクでも述べた抗酸化作用は、野菜ジュースからも摂取することができ、美肌効果に期待できます。

リコピンや、Bカロテンは生野菜よりもジュースなどの加工品のほうが吸収が良いと言われています。

わか

コンビニ食だから…と諦めることはないんですね!

質の良い睡眠

肌の調子を整えるためには質の良い睡眠をしっかりと取る事が重要です。

質の良い睡眠をとるには、

・夜間のカフェインの摂取を避ける
・適度な運動習慣を心がける
・入眠前にコップ一杯水を飲む
・入眠直前の入浴を避ける

以上の4点を心がけましょう。
詳細は以下の通りです。

・夜間のカフェインの摂取を避ける

カフェインには覚醒作用があります。
夜のホッとした時間に…とコーヒーを飲む習慣がある人もおいのではないでしょうか。

飲む場合は就寝の4時間前までに飲みましょう。
およそ4時間前後で体内のカフェイン濃度が半減されると言われています。

また、カフェインには利尿作用があります。
せっかくぐっすりと眠れても、尿意で目覚めてしまうのは勿体ないですよね。

・適度な運動習慣を心がける

就寝時間の3時間前までにウォーキングなどの軽い運動を取り入れましょう。
適度な運動には緊張を解きほぐし、睡眠を促進する効果があります。

就寝前には心も体もリラックスするヨガやストレッチがおすすめです。

・入眠前にコップ一杯水を飲む

人は寝ているときにおよそ100㏄の汗をかいていると言われています。

入眠中に水分が足りていないと、寝つきが悪くなるだけでなく、脱水状態が長時間続くことになります。
脱水状態が続く事で、老廃物が体内にたまり疲れが取れにくくなります。

・入眠直前の入浴を避ける

入浴は就寝時間の約2時間前に入りましょう。

人は体温が下がる事で眠気を感じます。
就寝の2時間前に入浴することで、布団に入るころにはちょうど良い体温に下がり、寝つきが良くなります。

38度くらいのぬるめのお湯にゆっくりとつかる事がおすすめです。
ぬるめのお湯は気分をおちつかせ、体の緊張をほぐしてくれます。

睡眠不足は肌の大敵であると言われています。

寝ている間に分泌される成長ホルモンが分泌ができていないと、肌のターンオーバーも遅れ、シミやくすみの原因になります。
肌荒れ対策に質の良い睡眠は欠かせませんね。

運動

Run, Moscow, Kremlin, Sunset, City, Architecture, Sky

運動には、血行の促進、ストレスの解消、睡眠の質の向上の効果があります。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、血行の流れを良くします。
血行が良くなる事で体の隅々に十分な酸素と栄養を届けます。


また、汗をかくことで毛穴に詰まった余分な皮脂や体内の老廃物を排出してくれますよ。

忙しくて運動の時間が取れない…という方は、まずは週末からスタートし、無理のない範囲で日常に運動を取り入れましょう。

スキンケア

必要なスキンケアは以下の3点です。

・洗顔
・保湿
・日焼け対策


毎日マメにケアする自信がない人も、この三点を行う事で基本的な肌荒れ対策になります。

・洗顔

間違った洗顔方法はかえって肌トラブルの原因になります。

正しい洗顔方法はのポイントは、

1.ぬるま湯で顔を洗う
2.洗顔料をしっかりと泡立て優しく洗う
3.ぬるま湯でしっかりと流す


この3点です。
ゴシゴシと力ずよく洗ったり、しっかりとすすげていない、肌荒れや毛穴詰まりの原因となりますので気を付けましょう。

・保湿

洗顔をした後は、化粧水でしっかりと肌を保湿しましょう。

量が少なすぎると保湿効果を期待できません。
適量は500円玉くらいです。

・日焼け対策

日焼けによるダメージは、シミやシワ等の肌トラブルに繋がります。

スプレータイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ等種類も様々です。
毎日使用することを踏まえ、自分に合ったタイプを選びましょう。

まとめ

・栄養バランスのとれた食事(コンビニ食でも可能)
・質の良い睡眠
・適度な運動を心がける
・スキンケアを習慣づける(洗顔、保湿、日焼け対策)


夏本番が始まる前に肌荒れ対策を習慣づけ、肌ダメージを防ぎましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる