バチェロレッテ2 佐藤駿の経歴・年収は?映像監督として手がけた作品は何?

Amazonプライムビデオで配信中の、「バチェロレッテ・ジャパンシーズン2」

シーズン1と同様、さまざまな経歴を持つ男性17名が、1人の女性を巡り恋愛バトルを繰り広げていきます。

アスリートや会社経営者を職とする男性が多い中、唯一映像監督という肩書きで参加しているのが、「佐藤駿」さんという男性です。

ミステリアスな雰囲気を持つ佐藤さんですが、行動力は参加男性の中でも群を抜き、見た目とのギャップに驚かされます!

「映像監督としてどんな作品を手掛けたのか知りたい!」と思う方、多いのではないでしょうか?

今回は、佐藤駿さんの経歴や年収、どのような作品を手掛けたのかをまとめました!

それではさっそくチェックしていきましょう♪

目次

バチェロレッテ2 佐藤駿の経歴・出身高校は?

「謎をクリエイトする男」という、映像監督にピッタリなキャッチコピーで参加する「佐藤駿」さん。

そんな佐藤さんのこれまでの経歴をまとめました。

まずはプロフィールからみていきましょう!

プロフィール

名前佐藤 駿(さとう しゅん)
生年月日6月20日
年齢30歳(プロフィール動画内の年齢)
出身新潟県
身長178cm

出身高校は新潟市内の中高一貫校!

新潟県出身の佐藤駿さんは、「新潟明訓高等学校」という中高一貫の私立高校を卒業しているそうです!

新潟明訓高校は、部活動で有名な高校で夏の甲子園に出場したこともあります!

さらに、新潟県内の高校の中でも偏差値が高く、まさに文武両道の進学校です。

佐藤さんは、新潟明訓高校で陸上部だった経歴があり、全国4位の実力を持っていたそうですよ♪

都内の大学出身で、大学でも陸上を続けていた!

新潟市内の進学校卒業の佐藤さん。

大学にも進学したのか気になりますよね?

佐藤さんは高校卒業後、東京農業大学の造園科学科に進学していることが分かりました。

東京農業大学の造園科学科は、地域環境科学部の1つで世田谷にキャンパスがある学科です。

しかも、佐藤さんは大学でも陸上を続けていたんだとか!

おそらく、高校時代に全国大会入賞の実績があるので、大学時代の大会でも優秀な成績を収めていたのだと考えられますよね♪

自身のブランドを立ち上げや、会社経営も行っている!

佐藤駿さんは、映像監督だけでなくアクセサリーブランドを手掛けたり、会社経営も行っているようです。

アクセサリーブランド「Lien」

佐藤さんが手がけるアクセサリーブランドが「Lien」

主にサングラスを販売しているようで、ユニセックス仕様になっています。

人気のあるブランドのようで、現在は全ての商品が完売されているようです。

マーケティング会社「株式会社shiyoh」

佐藤さんが取締役CEOを務めるこの会社は、主にデジタルマーケティング事業を行う会社で、2021年12月に設立されています。

事業内容としては、デジタルマーケティング事業のほか映像制作事業やメディア事業、小売事業も行っているようです。

会社実績については、イメージムービーの制作などしか確認できませんでしたが、今後の活動に注目ですね!

モデルとしても活動している!

佐藤さんは、映像監督と会社経営などの傍ら、モデルの仕事もこなしているようです!

自身のインスタグラムには、モデル撮影時の様子などが投稿されていました。

カッコいいだけでなく細身でスタイルがいいので、モデルの仕事も多く入っていそうですよね♪

バチェロレッテ2 佐藤駿の年収は?

映像監督として、数々の作品制作に携わる佐藤駿さん。

「もしかしてお金持ち?」と思う方もいるはず。

マルチに活躍する佐藤さんが、どのくらい稼いでいるのか調べてみました!

映像監督としての年収は?

佐藤さんは、映像監督としてどのくらい稼いでいるのでしょうか?

残念ながら、詳しいことは公表されていませんでしたが、映像監督の平均年収はだいたい500万円程度だそうです。

フリーランスの映像監督でも、実績がある方であれば年収1,000万円稼いでいる方もいるんだとか。

以上のことから、佐藤さんは映像監督として年収500万円は稼いでいるのではないかと思われます。

映像監督以外の収入はどのくらい?

映像監督だけではなく、アクセサリーブランドを手がけ、モデルとしても活動している佐藤さん。

映像監督以外での収入は、どのくらいなのでしょうか?

一般的に、アクセサリーブランドを立ち上げた場合、ある程度売上があれば平均年収は500万円以上だそうです。

中には、1,000万円以上の年収がある方もいれば300万円以下のデザイナーもいるんだとか。

佐藤さんの場合、ブランド立ち上げからの年数が短いようなので、そこまで年収は多くないと思われます。

またモデルの収入もあると思われるので、映像監督以外での年収はだいたい300万円程度だと予想できます。

映像監督との収入を合わせると、約800万円の年収はありそうですよね♪

バチェロレッテ2 佐藤駿は何の作品の映像監督?

今回、参加者の中で唯一「映像監督」という肩書きで参加している佐藤駿さん。

映像監督と聞くと、どんな映像を作ってきたのか気になりますよね?

佐藤さんは1つの分野だけでなく、様々な分野の映像を手掛けているようです。

それでは、さっそく紹介していきます♪

銀座ファインケアクリニックのCM

佐藤さんが手がけた映像の代表的な作品の1つ目は、「銀座ファインケアクリニック」のCMです!

銀座ファインケアクリニックは、医療脱毛などを行う美容皮膚科で、都内を中心に展開しています。

佐藤さんはこの作品で、監督としてだけではなく撮影や編集も担当していたみたいですよ♪

「東京ペトロ(仮)」のMV

2つ目に代表的な作品が、2021年にリリースされた、「東京ペトロ(仮)」という曲のミュージックビデオです。

このMVで佐藤さんは、監督と編集を担当していたようです。

「Enharmonic TAVERN」のコレクションムービー

3つ目に代表的な作品が、「Enharmonic TAVERN(エンハーモニック・ターヴァン)」というファッションブランドのコレクション映像

「Enharmonic TAVERN」は、「理想を意志し、革命を目論む同志達の着る服」というコンセプトを持つブランドです。

日本各地に、このブランドを取り扱うお店があり、もちろんオンラインでも販売しています。

佐藤さんは、映像監督や編集者として「Enharmonic TAVERN」のコレクションムービー制作に携わっているようです。

まとめ

「バチェロレッテ・ジャパン シーズン2」に登場する「佐藤駿」さんの、学歴や手がけた映像作品などについて調べました。

その結果、以下のことが分かりました。

  • 映像監督だけでなく、会社経営や自身のアクセサリーブランドの立ち上げ、モデルとして活躍している。
  • 出身高校は新潟県新潟市にある中高一貫高校の「新潟明訓高校」で、出身大学は「東京農業大学」
  • 年収は、映像監督と映像監督以外の年収を合わせて約800万円程度
  • アーティストのMVのほか、美容クリニックのCMやファッションブランドのコレクションムービーの制作実績がある

マルチな分野で活躍する佐藤駿さん。

ぜひ、今後の活躍にも注目していきましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる